トーサイアポのあゆみ

創業から約半世紀。中古車業界をリードし続けるトーサイアポ

時代のニーズにこたえ、つねに新しい価値創造を。

トーサイアポは、自動車がまだ「新・三種の神器」と呼ばれ、一般家庭の憧れの的だった時代に創業。以来、業界初の中古車フェア開催、「日本一の桃太郎」マークプロモーション、関東・東北での中古車市場開拓、「自動車買取専門店カーセブン」設立など、業界をリードして中古車の認知度・信用性向上に努めてきました。

これからも、当社は、「お客様、社員、社会に必要とされる企業の創造」のために、たゆまぬ努力をし、店舗展開、人員拡大、教育強化を図り、躍進していきます。

トーサイアポのあゆみ

1964
自動車卸売商社柏原正昭事務所設立
1966
東埼自動車販売株式会社設立(東京都葛飾区)
1967
三郷市市役所通りに営業所を新設
1971
本社を埼玉県三郷市に移転
1973
資本金を200万円に増資
1975
クレジットによる販売を開始
資本金500万円に増資
1976
認証整備工場をオープン
団地前店オープン
資本金800万円に増資
1977
業界初の中古車フェアを晴海で開催
1978
団地前通りに本社移転
ジャンボセンターオープン
資本金2,000万円に増資
オフィスコンピューター(TOSBAC15)導入
1979
ジャンボ工場・営業所オープン
売上高15億円突破
1980
「日本一の桃太郎」マークで業界をリード
1981
野田16号店オープン
ジャンボ工場民間車検場化
1983
ニュージャンボ店オープン
資本金2,500万円に増資
JSTコンピューター導入
1984
日本新車株式会社設立
春日部店オープン
売上高33億円突破
1985
岩手県水沢店オープン
新三郷駅前店オープン
資本金3,500万円に増資
1986
東埼自動車販売株式会社設立20周年
1987
秋田店オープン
資本金1億7,000万円に増資
1988
盛岡店オープン
1989
社員数を75名に
社名を「トーサイアポ株式会社」に変更
1990
資本金3億6,765万円に増資
売上高50億円突破
1991
GTスポーツセンターオープン
1995
草加買取センターオープン
社員数140名に
1996
トーサイアポ本社新装オープン
1997
越谷店オープン
松戸店オープン
1999
ホームページ開設
2000
35周年を迎える
本社大規模展示場完成
第一回トーサイの日開催(10月31日)
カーセブンディベロップメント設立
2002
秋田ジャンビィ店オープン
川口西新井店オープン
2003
足立竹ノ塚店オープン
中古パーツのアイパーツ三郷店オープン
大規模集中鈑金工場オープン
ホームページリニューアル
2004
盛岡インター店オープン
秋田南インター店、秋田中央店オープン
2005
ホームページリニューアル
矢巾店オープン
足立中央店オープン
売上高100億円突破
2006
40周年を迎える
社員数200名に
水沢認証整備工場をオープン
保険部設立
2007
本店大型新工場オープン
カーセブンMEGA三郷店リニューアルオープン
カーセブンインポート三郷店リニューアルオープン
カーセブンMEGA三郷店RVセンターリニューアルオープン
2008
カーセブンMEGA三郷店軽自動車センターリニューアル
オープン
輸入車部設立
越谷店閉鎖
あいおい損保特級種別代理店取得
カーセブンインポート有明店オープン
草加店閉鎖
ワンコインリース事業部設立
2011
東北復興支援イベント開催(MEGA三郷店にて)
45周年を迎える

業界初の中古車フェアを
晴海で開催

トーサイアポが産声を上げた当時は、自動車はまだ「新三種の神器」と呼ばれ、クーラー、カラーテレビとともにその頭文字を取った「3C」が流行語になったほど、一般家庭では憧れの品で、新車は高額で消費者にクルマは手の届かないものだった。しかし、中古車はまだ認知度が低く、消費者の中で信用性も無い時代。そこで、当時の社長(現会長・柏原正昭)が中古車を広めるために、数社合同でフェアを開催することとなり、大規模で開催したかいもあり、大反響。中古車の認知度も信用性もあがり、同時にトーサイアポの認知度もあがり、時代の先駆けとなる大きな一歩となる大成功をおさめた。

「日本一の桃太郎」マークで
業界をリード

「日本一の桃太郎」マークで業界をリード

更なる中古車業界を盛り上げるため、話題性のある事を実施。消費者の記憶に残りやすくするために、「桃太郎=日本一」というキーワードを採用し、当時では考えられないほどの大きさである横幅30メートルもの看板を設置。この時代では見た事もない大きさの看板と、そこに描かれている日本一の桃太郎のマークのインパクトが話題となり、さまざまな雑誌に取り上げられ、認知度、来場が激増した。

トータルサポートシステム
の導入

当時は、注文書、見積書が手書き、在庫管理も多店舗間を移動し、片道1時間かかるコトも少なく無かった。そこで、当時はまだ目新しいオフィスコンピューターで管理していく方向へと切り替えた。パソコンで管理する事により、手書きから打ち込みとなり、プリントアウトできるようになり、お客様を待たせる時間が、飛躍的に短くなる。さらに、在庫管理も、写真とともにシステムに導入し、パソコンで閲覧できるようになった。だが、その時代は、雑誌で車さがしをしていた時代。パソコンで見せるデータはなかなか信用は得られなかった。しかし、地域密着のスタンスが実を結び、顧客の信用、興味を得る。認知しはじめると、このシステムのスピード性・管理の安全性・情報の豊富さに顧客が大幅に増加。社員の業務効率も飛躍的にあがり、結果、社員の為の対策ともなった。

関東・東北で最多の11店舗
チェーン展開

関東・東北で最多の11店舗チェーン展開

関東埼玉で勢いを増していた中、当時、まだ競合他社のなかった東北に目をつける。縁あって無事東北に出店。販売するクルマは、クルマのナンバーが「埼玉」ナンバーだったため、消費者には、「都会の質が良いくるま」との印象になり、販売は加速・地元で有力な地主さんとの縁で、一気に店舗展開し、拡大に成功そのころには、関東での出店も順調にすすみ、中古車ディーラーとしては、最多の11店舗チェーンとなっていった。

業界最大手「カーセブン」
主要株主に

業界最大手「カーセブン」主要株主に

社長が哲郎氏に代替わりし、時代の変化から、今後買収のニーズを予測した。そこで、トーサイアポ単体で、「自動車買取専門店カーセブン」を設立。その後、ニーズ性が高まり、数社の出資を得て、現在のカーセブンがスタート。トーサイアポは筆頭株主となる。社長の哲郎氏の予測は的中し、業務は一気に拡大。さらには、イメージキャラクターに「小倉優子」を起用。大きな話題となり、FC展開に拍車がかかる。

設立45周年 そして
これからへ

設立45周年 そしてこれからへ

変化の流れが速い今の時代のニーズにこたえ、つねに新しい価値創造に挑戦していくために、組織力向上による第3次組織変革、新規採用を拡大し人材の確保と育成による人間力工場、また、クレドを導入しトーサイアポの総合チームワークの向上に取り組んでいます。これからも、当社は、「お客様、社員、社会に必要とされる企業の創造」のために、たゆまぬ努力をし、店舗展開、人員拡大、教育強化を図り、3年で売上を130%へ躍進していきます。

Page Top